お知らせNEWS

PORTO、全日空商事の「TRAVEL MEDIA™ Air Port Dynamic Ad Vision」へ DSP 機能を OEM 提供

PRESS 2022.03.10

~国内初の空港ネットワーク広告配信サービスと連携開始~

株式会社CARTA HOLDINGSのグループ会社で、統合マーケティングプラットフォーム「PORTO(ポルト)」(https://porto.cartaholdings.co.jp/)を運営する株式会社PORTO(東京都渋谷区、代表取締役:吉田 大樹)は、全日空商事株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:志岐 隆史)が提供する「TRAVEL MEDIA™ Air Port Dynamic Ad Vision」(※1)へ、DSP機能をOEM提供いたしました。

今回のOEM提供により、トラベラー関連の各種データや国内各空港のDOOHなどの全日空商事が提供する価値を最大限に活用し、、旅マエ・旅ナカ・旅アトの各場面においてトラベラーの行動や態度変容を捉え、広告発信・分析ができる広告ソリューションを展開いたします。

PORTOは今後とも、各企業のマーケティング活動を支援してまいります。

※1:「TRAVEL MEDIA™ Air Port Dynamic Ad Vision」について

全日空商事が提供する「TRAVEL MEDIA™ Air Port Dynamic Ad Vision」は、2020年に運用を開始している羽田空港の「HANEDA Dynamic Ad Vision」に加え、2021年11月にリリースした「TRAVEL MEDIA™」のサービスの一つとして、国内5空港(セントレア、長崎、阿蘇くまもと、宮崎ブーゲンビリア、鹿児島)の出発階制限区域内などに65インチの大型ハイビジョン、デジタルサイネージを計32台設置し、広告を配信する国内初の空港ネットワーク広告配信サービス。空港は、随時拡大予定です。

■「PORTO」( https://porto.cartaholdings.co.jp/ )について

「PORTO」は、ブランディングを重視するブランド広告主が安心して出稿できる統合マーケティングプラットフォームで、オフラインで出稿されているラジオ広告と同じフォーマットでオーディオ広告のプログラマティック配信ができる「PORTO Premium audio」や「PORTO Premium DOOH」などを提供しています。現在、オーディオ、インストリーム、DOOH、プレミアムディスプレイなど、オンライン・オフラインをまたいだ多様なフォーマットを、統合計測・管理・配信できる、唯一無二の統合マーケティングプラットフォームです。

【全日空商事株式会社】( https://www.anatc.com/ )について

代表取締役社長:志岐 隆史(しき たかし)

設立:1970年10月15日

資本金:10億円

所在地:東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター

TEL:03-6735-5011(代)

【株式会社PORTO】https://porto.cartaholdings.co.jp/ 

代表取締役:吉田 大樹

取締役:西園 正志、金子 武比古

所在地:東京都渋谷区道玄坂1-21-1 渋谷ソラスタ15F

設立:2021年1月4日

資本金(準備金含む):1,000万円

事業内容:ブランド広告主向けアドプラットフォーム事業

【PORTOへのお問合せ】
株式会社PORTO E-mail:porto_ad@voyagegroup.info
【報道関係者お問い合せ先】
株式会社CARTA HOLDINGS 広報室 お問い合わせフォーム :https://cartaholdings.co.jp/contact-pr/  
【TRAVEL MEDIA™ Airport Dynamic Ad Visonに関するお問合せ先】
全日空商事株式会社 デジタルメディア事業部 トラベルメディアチーム
メールアドレス:ml_notice_ mediasales@anatc.com
WEB問い合わせ:https://www6.webcas.net/form/pub/anatc/travelmedia?id=