お知らせNEWS

PORTO、インストリーム動画施策のブランドリフト効果を事前予測する「Brand Lift Simulator」をリリース

PRESS 2021.08.03


~広告出稿前に効果が読みにくい認知施策の課題を解決し、広告主のキャンペーン効果最大化を支援~

株式会社CARTA HOLDINGSのグループ会社で、統合マーケティングプラットフォーム「PORTO(ポルト)」(https://porto.cartaholdings.co.jp/)を運営する株式会社PORTO(東京都渋谷区、代表取締役:吉田 大樹)は、インストリーム動画広告による認知施策を検討する広告主向けに、過去のブランドリフト調査実績をもとに、ブランドリフト効果を事前予測し、広告主のキャンペーン効果最大化を支援する「Brand Lift Simulator」を開発しました。

インターネット広告市場における認知施策では、広告出稿前に効果が予測しづらい点が課題でした。「Brand Lift Simulator」では、プランニング段階より前に、広告主の業種やキャンペーンでの想定配信量、ターゲットの性別・年齢といった条件を指定し、プランニング段階よりブランドリフト効果を予測することで、広告主のキャンペーンの効果最大化を支援いたします。

PORTOでは、今後も認知施策領域における広告配信だけではなく、プランニング段階・効果測定段階においても広告主のマーケティング支援を実現してまいります。

■「PORTO」( https://porto.cartaholdings.co.jp/ )について

「PORTO」は、ブランディングを重視するブランド広告主が安心して出稿できる統合マーケティングプラットフォームで、オフラインで出稿されているラジオ広告と同じフォーマットでオーディオ広告のプログラマティック配信ができる「PORTO Premium audio」や「PORTO Premium DOOH」などを提供しています。現在、オーディオ、インストリーム、DOOH、プレミアムディスプレイなど、オンライン・オフラインをまたいだ多様なフォーマットを、統合計測・管理・配信できる、唯一無二の統合マーケティングプラットフォームです。

【株式会社PORTO】https://porto.cartaholdings.co.jp/ 

代表取締役:吉田 大樹

取締役:西園 正志、金子 武比古

所在地:東京都渋谷区道玄坂1-21-1 渋谷ソラスタ15F

設立:2021年1月4日

資本金(準備金含む):1,000万円

事業内容:ブランド広告主向けアドプラットフォーム事業

【PORTOへのお問合せ】 株式会社PORTO E-mail:porto_ad@voyagegroup.info 【報道関係者お問い合せ先】  株式会社CARTA HOLDINGS 広報室 お問い合わせフォーム :https://cartaholdings.co.jp/contact-pr/